任意売却の流れ

はじめに

任意売却を成功させるためには迅速に専門知識のある不動産業者をパートナーにして一緒に解決するのが一番良い方法です。

一般的に相談をいただいて決済引渡までにかかる期間は3ヶ月から6ヶ月程度です。但し債権者の数や債務の状況物件の状況、ご家族の都合で大きく変わってしまう場合もあります。早ければ早いほどできることは多くなります。

まずは弊社へご相談ください。

1.まずはお気軽にご相談ください

任意売却を扱うことができるのは弁護士や司法書士ではなく宅地建物取引士がいる不動産業者です。但し不動産業者ならどこでも良い、大手の不動産なら安心、というわけではないのです。


それはさておき以下のようなお悩みはありませんか?

・会社のリストラでローンが払えなくなった 

・借金返済の為に不動産を売りに出しているが売れない

・離婚で自宅を売却したいが残債が残ってしまう 

・「残債が残るから売れない」と不動産業者に言われた 

・ 金融機関から督促状が届いた

・ 競売開始決定通知書が届いた

 

まずはお気軽に弊社へご相談ください。
お電話またはお問い合わせフォームにて受け付けております。

お問合せはこちらをクリックして下さい。

2.面談~専任媒介契約

お客様のご都合の良い日時をご指定ください。初回の面談に伺い、あなたの家族の方の意見を最優先しながら、的確な解決方法を探していきます。

一度冷静になり、落ち着いて頭の中を整理してみましょう。

 

それだけで気持ちが楽になったという方もおられます。

現在の状況を把握しご希望をを聞き、任意売却の説明をさせて弊社に依頼するとなった場合は、専任媒介契約をお願い致します。

 

お客様の不動産の販売活動にあたり、債権者との交渉に必要なご契約になります。

3. 査定・物件調査

弊社がお客様の不動産の市場価格、建物の状態を調査し物件の査定を行います。

 

査定価格ですが債権者との交渉、お客様のご希望、競売との時間関係などからめながらスムーズに任意売却を進めることができるかのポイントで重要になります。

一般の売却にないスキルが要求されるところです。

4.債権者との交渉・販売活動開始

お客様に代わって、弊社が債権者と話し合いを行います。


お客様の希望を踏まえつつ、全ての債権者から同意が得られるよう、売却価格を調整します。また、競売の取下げや残債の返済方法、固定資産税の配分や引越費用の申請などの交渉・調整を行います。

 

価格が決まりましたらいよいよ販売活動を開始です、弊社の売却戦略を駆使して成約に努めます、その間もお客様はもちろん債権者との交渉も続けます。

少しでもお客様の要望に応えられるよう全力を尽くしてまいります。

5.売買契約締結・債権者へ配分・引渡し

購入希望者が見つかりましたら、各債権者の同意を取り付け売買契約を締結します。

決済日に代金決済、各債権者に配分行い、鍵を引渡し、司法書士に権利書等の登記に必要な書類を渡し、抵当権の抹消、競売になっていれば競売の取り下げの手続きをして取引完了となります。

弊社スタッフが最後まで付き添いますのでご安心ください。